皆様の道場のHPは無料サービスと有料サービスどちらを使われていますか?

道場関連のご相談を受ける際も、無料と有料のどちらがよいか?という質問をよく伺います。
そこで、この記事では無料サービスと有料サービスのメリット・デメリットなどをお伝えします。
道場のHPでお悩みの道場長の参考になれば幸いです。

このコラムを書いた人
大谷悟
  • 道場専門のコンサルタント、ウェブ解析士
  • 武道を職業として成立させるために全国の道場長をサポート
  • 広告を使わずに1年で100人の新規入会者を獲得
  • 道場専門のHP制作サービスも展開
  • 自身も武道有段者で道場で指導を続けている
  • 前職は国家公務員

無料HPサービスとは

無料でHPを作ることができるサービスの代表的なものとして

  • Wix(ウィックス)
  • Jimdo(ジンドゥー)
  • ペライチ
  • Goope(グーペ)
  • Ameba Ownd(アメーバ オウンド)

などがあります。
どれも専門知識が無くても簡単にHPを作れるサービスとして人気があります。

無料HPサービスのメリット

無料サービスのメリットは大きく2つあります。

無料で利用できる

無料サービスの最大のメリットはその名の通り「無料」であることです。
道場運営に極力費用をかけたくないという場合は大きなメリットとなります。
HP代金や施設使用料などの固定費は減らせば減らすほど、道場運営が安定します。

簡単にHPが作れる

ほとんどの無料HPサービスがプログラミングなどの専門知識が無くても簡単にHPを作れるようになっています。
Wordやパワーポイントのように直感的に文章や画像を入れることができるので、それなりのデザインのHPを作ることが可能です。

無料HPサービスのデメリット

続いてデメリットをご紹介します。

制作に時間と労力がかかる

無料サービスの場合、テンプレートなどはあるものの自分で作成することが前提のため、文章を考えたり、デザインを考えたりと相当の時間と労力がかかります。
本業などで忙しい中、HPも自分で作成するとなると大きな負担がかかってしまいます。

広告が入る

ほとんどの無料HPサービスでは広告がサイト上に広告が入ってしまいます。
道場のHPを訪れる人にとって関係のない広告は邪魔になりますし、逆に気になる広告があり、道場HPから広告先に行ってしまうと道場への問い合わせのチャンスを逃してしまいます。

自分の財産にならない

有料のサービスと違い、無料サービスの場合、サービスの中でHPを間借りするような形になります。
具体的に言うと、HPの住所であるドメインが道場の物でなくサービスのものになります。

【例】
無料サービス:○○dojo. jimdosite.com
有料サービス:○○dojo. com

※例の場合、無料サービスのjimdoを使ってHPを作成したためドメインにjimdositeが入っています。

ドメインが無料サービスのものである以上、今後、何らかの理由で無料サービスが停止した場合、これまで作ったHPが利用できなくなる可能性があります。

これは道場でいうと公共施設でするか常設道場でするかの違いに似ています。
施設の都合で使用できなくなる可能性のある公共施設(無料サービス)か自分の財産になる常設道場(有料サービス)かというイメージです。

有料サービスとは

有料サービスとは専門のHP制作業者に依頼してHPを作成するサービスになります。
制作費は業者によって様々ですが、月数千円~数万円とHPの規模やアフターサービスによって異なります。

有料サービスのメリット

有料サービスのメリットは大きく3つあります。

効果の高いHPが作成できる

HP制作の専門業者が制作するため、初心者が無料サービスで制作するよりも効果が高いHPが作成できます。
また、無料サービスのデメリットでご紹介した広告なども道場HP内に表示されることはありません。
道場HPを作る目的は「体験申込の獲得」や「問い合わせ増加」であるため、目的達成の可能性が高いHPが作れるというのは大きなメリットです。

時間と労力を節約できる

無料サービスと違い、HPは制作業者が作るため自分の時間と労力を節約することができます。
HP制作に充てる時間を道場での指導や自身の稽古などに使えることは大きなメリットです。
また、自分で作る場合はHPの制作から公開まで長い時間がかかりますが、有料サービスの場合、早ければ数週間で公開することも可能です。

社会的信用度が上がる

独自ドメイン(○○dojo. com)は無料サービスのドメインに比べて社会的な信用が高いです。
道場を選んでいる人が無料サービスで作られたHPの道場と有料サービスで独自ドメインの道場を比べた際に独自ドメインの方が有利になることがあります。

有料サービスのデメリット

続いて有料サービスのデメリットをご紹介します。

固定費が発生する

多くのメリットがある有料サービスですが、やはり一番のデメリットは費用が発生することです。
制作業者の多くが月額制を取っているため、毎月の固定費が発生してしまいます。
この固定費をカバーできるくらいの稽古生がいない道場の場合は月々の負担が増加します。

無料サービスと有料サービスどちらがいいの?

無料サービスと有料サービスのメリット・デメリットをご紹介してきましたが、結局どちらのサービスが良いのでしょうか?

これは道場の状況によって異なりますが、有料サービスの固定費をカバーできるくらいの会員がいる道場の場合、「有料サービス」がお勧めです。

理由は道場HP制作の目的である体験申込の獲得の可能性が高く、何より一番貴重な自分の時間と労力を節約できるからです。自身が現役で指導できる間に道場の拡大を目指すのであれば、自分の時間と労力は指導や稽古などの道場での時間に割くべきです。

また、道場HPで固定費が発生したとしても、そのHP経由で新規会員が入会した場合、HPの固定費をすぐにペイできる可能性があります。

まとめ

道場を大きくしたい!後継者を育てて道場を長く続かせたい!
そのように本気で考えている道場長の方はぜひ、一度、有料のHPサービスを検討してみてください。

道場のホームページ制作・リニューアルなら「WEB道場」

道場のホームページを作りたいけど、どうしたらいいか分からない。

道場の運営は本業の傍らで行っているからそこまで時間とお金はかけられない。

このような道場運営者のお悩みにお応えする業界初の道場専門のHP制作サービスです。
武道有段者でありHP制作・集客のプロが現場での指導経験や武道業界での経験を基に集客効果の高いホームページを月額4,980円から制作します。